ACCの活動

TOP > ACCの活動 > イベント > 「2017カンヌライオンズ報告会 ~フイルム部門をどこよりも早く、深く~」

「2017カンヌライオンズ報告会 ~フイルム部門をどこよりも早く、深く~」

一般社団法人 全日本シーエム放送連盟(ACC)は『2017カンヌライオンズ報告会』を、
2017年8月2日(水)にイイノホール & カンファレンスセンターで開催いたします。
報告会では本年度カンヌ フイルム部門の審査員・田中耕一郎氏を講師に迎え、どこよりも早く、深く
今年のフイルム部門(TV / Cinema Film、Online Film、Viral Filmほか※)の潮流を解説いただきます。
なお、当日は今年のカンヌライオンズ概要報告も併せて行います。
皆様のご来場、お待ちしております。

※ フイルム部門のカテゴリー

Aカテゴリー
TV / Cinema Film
Bカテゴリー
Online Film
Cカテゴリー
Viral Film
Dカテゴリー
Screens & Events
Eカテゴリー
Branded Content & Entertainment
Fカテゴリー
Use of Film
ご好評につき、ACCホームページ、チケットぴあともにチケットのお申し込みは終了いたしました。
誠にありがとうございました。
チケットをご購入いただきましたお客様は、当日必ずチケットをお持ち下さい。

一般の方のお申し込み

※リンク先はチケットぴあになります。
  • ・日時:
    2017年8月2日(水)13:30~16:00 (13:00開場)
  • ・主催:
    一般社団法人 全日本シーエム放送連盟(ACC)
  • ・入場料:
    3,000円(税込み)
     ※チケットの販売は終了しました。
     ※ご購入いただいたチケットは、払い戻し致しかねます。予めご了承ください。
  • ・協力:
    東映エージエンシー(カンヌライオンズ日本代表)
  • ・会場:
    イイノホール & カンファレンスセンター 4F ホール
     〒100-0011東京都千代田区内幸町2-1-1飯野ビル
    TEL.03-3506-3251
     http://www.iino.co.jp/hall/

田中 耕一郎

講師 田中耕一郎 (たなかこういちろう) クリエイティブディレクター
1973年奈良生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒。2004年に、クリエイティブスタジオ「PROJECTOR」を設立。
デジタルを基軸としたブランディングや、マスとデジタルを連携したインテグレーティッドキャンペーンを得意とする。
これまでの主なクライアントは、UNIQLO、Intel、Tabio、au、 三越伊勢丹、相模ゴム工業など。
カンヌライオンズにおいては、フィルム、サイバー、モバイル、デザイン、ダイレクト、
ブランディッドエンタテインメント、チタニウムなど幅広いカテゴリーで、2つのグランプリ、6つの金賞を含む17のメダルを受賞。
Cannes Lions ( 2017 Film部門、 2009 Cyber部門)、NY ADC、D&AD、One Show 、ACCインタラクティブなどの審査員を歴任。

主な受賞歴
カンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバル:グランプリ(2回)、金賞 (6回)、銀賞、銅賞 (8回)
D&AD:ブラックペンシル、イエローペンシル(3回)、グラファイトペンシル(3回)、ウッドペンシル(11回)
ニューヨークADC:ハイブリッドキューブ、銀賞(2回)、Distinctive Merit
One Show:グランプリ、金賞(5回)、銀賞(2回)、銅賞(3回)
クリオ賞:グランドクリオ(2回)、金賞、銀賞( 6回)、銅賞
WEBBY賞:WEBBY賞、ノミネーション(3回)、入選
文化庁メディア芸術祭:優秀賞(2回)、審査員推薦作品
東京インタラクティブ・アド・アワード:グランプリ(2回)、金賞(10回)、ベストクリエイター賞

TIME TABLE

13:30

開演 挨拶

鏡 明 ACC国際委員長 / 株式会社ドリル

 

カンヌライオンズ 概要報告

石田 眞 カンヌライオンズ日本代表 / 株式会社東映エージエンシー

15:45

トークセッション

田中 耕一郎 × 鏡 明

16:00

終了予定

*都合により、当日の進行や出演者は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。