ACCとは

TOP > ACCとは > 委員会

委員会

フェスティバル実行委員会

ACC CM FESTIVALの開催
1961年からテレビ、ラジオを対象にしたCMコンペティションを開催。6月に作品を受け付け、9月に審査、11月に贈賞式・記念パーティ、その後、入賞作品発表会を全国30ヶ所で開催。2月に入賞作品をまとめたCM年鑑を刊行。会員社にはDVD/CDを頒布しています。グランプリ獲得は、クリエイターの大きな目標になっています。

パーマネント・コレクション(CM殿堂)の選考と贈賞
1961年のACC CMFESTIVAL の発足以来、ACCが評価、記録してきた作品の中から、時代を象徴し名実ともにCM文化史に残る作品を厳選し、後世永久に保存し顕彰することを目的として選考しています。
クリエイターズ殿堂の選考と贈賞
パーマネント・コレクションに連動して、これ等を初めとする優れたCMを長年作り続けたクリエイターに焦点を当てるべきではないか、との考えから2010年に創設しました。

国際委員会

海外広告賞を通じて最新の海外情報を提供
カンヌライオンズの入賞作品研究発表会開催、フイルム審査員選考、現地視察ツアー(会場内にACCラウンジ開設)を実施しています。審査会の生の報告を研究する機会、日本代表に挑戦するチャンス、世界の潮流に触れる機会を広く提供しています。

クリエイティブ委員会

「CMシンポジウム」の開催
これまで「クリエイティブ・スランプ」「宣伝部長サミット」「CMの底力」などをテーマに開催。CM業界の問題点に鋭く切り込んだ議論は、日頃の業務に活かせる内容となっており、毎回好評を博しています。

「学生CMコンクール」を主催
人材育成の一環として、毎年全国の学生を対象に、テレビとラジオのコンテ作品で競い合う「学生CMコンクール」を主催。広告業界を目指す学生の登龍門的存在となっています。

技術委員会

デジタル放送時代におけるCM制作上の諸問題に関する研究
これまで「スマートTV」「デジタルサイネージ」「AR」など、毎年、少し先取りした内容の研究会を実施し、その内容を会報で報告しています。

著作権委員会 CM著作権の研究
原点に立ち返り、運用面からCM著作権の基本的な考え方を研究していきます。

CM情報センターの運営
CMを2次使用する場合、CM情報センターは関係者に許諾を得るなど、その使用をサポートしています。

広報委員会

広報活動の企画・実施
ACC会報「ACCtion!」、ホームページなどを通して、タイムリーにACCの情報を発信。対談・連載など、ACCならではの企画が満載の会報は会員社・関係者に配布しています。

総務委員会

ACC運営の統括
ACCの事業計画・予算の管理、総会・理事会の運営などを行い、健全な事業運営を図っています。