刊行物

TOP > 刊行物 > ACC会報「ACCtion!」 > あの人が今


~クリエイターわらしべ物語~

―お姉ちゃんて…本当にブラ3つしか持ってないんですか? ガムテープ貼ってるのも本当?

本当です。あれはブラジャーでドキュメントが作れるのか知りたくて、正月実家帰った時に、レコーダーのスイッチを試しに入れて、「ちょっと話聞いていい?」「ええよ~」と録ったものがそのまま本編になっています。最終的には「姉篇」と「友だち篇」の2本になりましたけど、一番最初は「姉篇」「母篇」「祖母篇」だったんです。実家に母も祖母もいたので。母は母で、ブラの胴回りの部分が体に合わないからって自分でハサミを入れて、ブラがズタズタになっていて。祖母は、おっぱいが垂れすぎちゃっていてブラに収まらないから、シャツの裾を入れる感覚でズボンにしまっているみたいです(笑)。

―うそでしょー!

一応それも録りました。ただ、さすがに画が浮かばなすぎる、実話でも嘘に聞こえる、ということでボツになりました。ワコールさんも爆笑だったんですけどね。

―クライアントさんの土俵でイキイキされてる。出会いですね。

本当に。出会いといえば、今年初めてサントリーさんのラジオCMをやらせていただきました。ずっと「サントリーさんやりたい」と言ってて、上司がそれを覚えていてチャンスをくれたんですね。で、実際やらせていただいたら、やはり素晴らしいクライアントさんだったので、今度はいつかサントリーさんのテレビCMの機会をいただけたら嬉しいです。やりたいことがあったら隠さずどんどん言ってみるもんですね。

ところで。(ダイエットとプライベート)

―ダイエットなんですけど、どうやったんですか?(前のめり気味に)

ジョギングです。1カ月に1㎏減らすことを2年間続けました。100㎏近い人間が1㎏落とすのって結構簡単なんですよ。数字が減ることが面白くなっちゃって、マックス35㎏落ちて体脂肪4%まで行ってしまって。さすがにまずいなと10㎏戻して、今だいたい67~8㎏でキープしてます。

―ダイエットも真面目! 太っているうちに走って関節やっちゃいませんでしたか?

最初は歩きました。慣れてきたら今度は、ノリのいい曲とバラードを交互に聴きながら、ノリのいい曲の時は走って、バラードの時は歩いて、をくりかえして。一度深夜に走りながらノリノリで歌ってたら、犬の散歩をしていた女性とぶち当たってギャーって悲鳴上げられました。

―通報されますよ。でもダイエット法にも工夫がありますね~! 最近のプライベートでは何かいいことありました?

ありました。生まれて初めて、森永の銀のエンゼルが5枚集まりました。

―すごい! ありえないから!

でも今、「開かずのカンヅメ」っていう期間限定のパズル缶になっていて。普通のおもちゃのカンヅメもほしいなと思って2周目に入っています。昨日、6枚目の銀のエンゼルを手に入れました。

―どれだけ食べてるんですかチョコボール。相当な努力と情熱ですよね。

コンビニに行くたび買って、平均すると1日1箱ですかね。あと、ビックリマンシールを箱買いしたりもします。僕は自分のことを“大量の現金を持った中学生”だと思っていて。この前も親友の後輩3人と貸し切りの宿に行って、一晩中カードゲームをして遊んでました。次の日は遊園地に行って、お化け屋敷で野郎ばかりでキャーキャー騒いで。でも、普通の子どもよりは年も重ねてるんで、そこに1つ企画が入るんですよ。その時は、「決められたセンテンス以外絶対に発してはいけない」というルールにして。“ワンワード・リアクション”と名付けたんですけど。僕は「アイアムチャンピオーン!」の一言ばかり叫んでいて、後輩はビビッていても驚いていても、常に「どんな感じなんだろー?」という文章だけを連呼する、という。

―(笑)聞いた人はなんだと思いますね。さっき映画も好きとおっしゃってましたが。 

わかりやすいハリウッド映画が好きです。死ぬほどお金をかけて、中身が空っぽなやつ。ああいうもののエンドロールを見るのが好きなんです。たとえばSFロボットものとか観てると、すごい数のスタッフ名が流れるじゃないですか。嗚呼この人たち一人ひとりに家族がいて、家庭があって…と思うと泣けてくるんですよね。多分、CGの仕上げが間に合わなくて、子どもの運動会に行けなかった人とかもいるんだろうな、とか。「トム、明日はベンの運動会だから」「仕事が押してるからダメだ」「あんた、いつもそんなこと言って!」とかいうケンカとかもあって、なのに、出来上がったのがガシャンガシャンガシャン(ロボット大暴れ)…!というね。人間っていいな!と思います。

―ラジオCMか! 最後に、何か言いたいことありますか。

この連載の来し方行く末すべてのゲストの中で、僕が最も凡庸でこじんまりとした人間だと思いますので、そのつもりで読んでください、と…。

―話すほどに凡庸からかけ離れていっていますが、とにかく笑わせていただきました。これからさらに長者に向けてご活躍されることを楽しみにしております。ありがとうございました。

中川英明プロフィール

1977年生まれ。2002年電通入社。コピーライター・CMプランナー・ディレクター。
主な現在の担当クライアントに、ワコール、パナソニック、NTT東日本、NTTドコモ、HONDA、みずほグループ、乃木坂46など。
主な受賞歴に、ACCグランプリ(2013・2014)、ACCクラフトコピー賞(2013・2014)、ACCクラフトディレクター賞、ACCゴールド、TCC賞、TCC新人賞、広告電通賞部門最優秀賞、フジサンケイ広告大賞メディア最優秀賞、スパイクスアジアシルバー、角川書店「スニーカー大賞」読者賞、日経新聞「星新一賞」入選など。