応募する

#ACCヤングコンペ

ACCヤングコンペは、与えられた課題に対し、
その解決策となるアイデアを企画・提案していただく、
30歳以下の方々が挑戦できるコンペティションです。
第3回となる今年は、「ローカルラジオの支援策」をテーマとしており、
グランプリ受賞アイデアは、今後、株式会社CBCラジオにて実施される可能性があります。
あなたの自由で斬新なアイデアをお待ちしております。

応募資格

  • 1991年11月3日以降に生まれた方(公開プレゼン時に30歳以下)。
  • 個人、もしくは3人以下のチーム。複数チームに所属することはできません。
  • 学生の応募も可能です。ただし、チームの代表者は会社に所属、
    もしくはフリーランスとして活動している社会人であること(学生のみの応募は認められません)。
  • チーム全員が同じ会社であることは条件としません。
  • ファイナリスト5組は、11月2日に公開プレゼンをしていただくので、そこに参加する意思のある方。

エントリー
料金

チームにACC会員社の方がいる場合
無料※応募の際、代表者は必ず会員社の方にしてください
チームにACC会員社の方がいない場合
3,300円(税込)

各賞紹介

グランプリ
当該企画は、今後、株式会社CBCラジオにおいて実施の検討を行うことを予定しております。トロフィー1体、賞状1枚が贈られます。
準グランプリ
トロフィー1体、賞状1枚が贈られます。
ファイナリスト
賞状1枚が贈られます。

日程

8/23(火)10:00~
29(月)18:00
応募期間
9月中旬
書類一次審査
9月末
二次審査
10/11(火)
ファイナリスト発表※ファイナリストは5組発表されます。
11/2(水)
プレゼン審査場所:電通ホール

審査委員

審査委員長
CBCラジオ/編成部長
安藤 美国
CBCラジオ/コンテンツプロデュース部
立脇 美穂
CBCラジオ/編成部デスク
寺本 有希
ナレーター
神野 恵子
電通 / クリエイティブディレクター、コピーライター
薄 景子
博報堂/マーケットデザイントランスフォーメーションユニット クリエイティブディレクター
東北博報堂/エグゼクティブクリエイティブディレクター
鷹觜 愛郎
マッキャンエリクソン/コピーライター
半澤 未奈子
博報堂DYメディアパートナーズ
メディア環境研究所/上席研究員
森永 真弓
電通/クリエーティブディレクター
山本 渉

応募素材

  • 規定フォーマットを使用し、4ページのPDFとして提出してください。
    ※各ページのタイトルに沿う内容を記載していれば、タイトルの文言は言い換えても構いません。
  • 追加で具体的な表現物(映像、ビジュアル等)がある場合は、提出することができます。
規定フォーマットをダウンロード

ブリーフ

ローカルラジオの支援策
~ラジオの魅力とポテンシャルの再評価~

CBCラジオは、1951年(昭和26年) 日本初の民間放送局として誕生したラジオ局です。
愛知県、岐阜県、三重県をサービスエリアとし、地域の方々にニュースや災害情報、楽しいトークや音楽を届けてきました。

しかし、ラジオ業界は苦境で、2020年度のラジオ広告費は、前年比84.6%と下落しています。聴取率も2020年に新型コロナ禍のステイホームで若干持ち直したものの再び下降し、中京圏では、2021年12月度調査で全局個人聴取率が過去最低になってしまいました。
そのためラジオ業界では、電波の届きやすいFM波を補完放送(ワイドFM)として利用したり、radikoによってエリア外やオンデマンドでの聴取、さらにはスマホで聴取できるようにするなど努力をしてきました。

半世紀以上、地域住民に親しまれてきたCBCラジオでも、地元出身タレントの発掘を続け、深夜帯に若者向け番組を編成して新たなリスナー獲得等いろいろなアクションを実施してきています。しかし、普段ラジオを聴かない人々への訴求策や、自社番組枠(地域オリジナル放送・コンテンツ)に対する提供スポンサーの減少対策など課題としています。

ラジオが持つトークの魅力、地域ならではのオリジナリティを活かした自社制作番組・コンテンツの魅力を、ラジオにあまり触れてこなかった若者やクライアントに訴求する斬新なアクションにつながるアイデアを、デジタルネイティブの若い皆さんから募集します。

コンテンツやモノ、サービスは、地域のコミュニティとセットとなって価値が上がると言われています。radikoやネットで全国に新しいスタイルで浸透しているラジオ局と、過去の価値観にとらわれない皆さんが組むことにより、新たなプロジェクトが生まれることを期待しています。

参考資料をダウンロード

審査基準

  • 今の『インサイト』を捉えているか?
  • 問題を改善する『効果』が期待できるか?
  • 『クリエイティビティ』にあふれているか?
  • 『CBCラジオ』が実施すべき内容か?

※以下のようなものは審査の過程で選ばれない可能性があります。

  • 費用対効果が低いと想定できるもの。
  • 安易なコラボレーションで、コラボ先の企業や団体のベネフィットが計算されておらず、実施が難しいもの。
  • 実施した時に、特定の人々、団体を傷つけるなど、リスクマネジメント観点でふさわしくないもの。

応募規約

1.応募について

  • チームにACC会員社の方が1名以上いる場合、エントリー料金は無料です。
  • チームの中でどなたもACC会員社に所属していない場合は、非会員協賛金3,300円(1作品につき)が必要となります。
  • 必ず実名で応募してください。
  • 応募作品は国内外で未発表の、オリジナル作品に限ります。
  • 公平な審査を行うため、いずれの応募素材にも、応募者の所属企業や個人名が特定できるロゴや名前の表記をしないでください。
  • 一度応募を完了した作品は、応募期間内であっても作品の変更・修正は基本的に認めません。
  • 第三者の著作権、著作者人格権、商標権、肖像権、パブリシティー権、名誉・プライバシーその他の権利を侵害する作品および法令などに違反する内容を含む作品は応募できません。応募作品が権利を侵害すると判断された場合は、応募や入賞を取り消す場合がございます。また、第三者の権利侵害によるトラブルが発生した場合は、応募者の責任と負担で解決するものとし、当団体では一切の責任を負いません。

2.審査・入賞について

  • 審査内容に関する問い合わせにはお答えできません。
  • グランプリ作品は、今後、株式会社CBCラジオにおいて実施の検討を行うことを予定しております。
  • グランプリ作品に係る著作権その他一切の権利は、入賞した時点で、株式会社CBCラジオおよび一般社団法人 ACCに帰属します(著作権に関しては、著作権法第27条および第28条に規定する権利を含みます。)。この場合において、入賞作品の応募者は、株式会社CBCラジオおよび一般社団法人 ACCに対して一切の対価を求めることはできません。
  • グランプリ作品を除くすべての応募作品に関しては、入賞後、当コンペティションの名称をクレジットとして利用することを禁止します。
  • 公開プレゼンに出場するための旅費等は原則応募者自身にご負担いただきますが、遠方からの参加の場合は規程により一部補助できる場合があります。詳細は出場決定時にご相談ください。
  • エントリーに際して、本規約、および応募要項に反する事実が確認された場合、また何らかの不正が発覚した場合、当該エントリーについては審査対象外とし、受賞後であっても取り消される場合があります。またこの場合、エントリー料金は返却いたしません。

3.各種取得情報の取扱い

  • 当団体は各種取得情報を厳重に管理し、漏洩および第三者による閲覧の防止に最大限努力致します。
  • すべての入賞者の所属会社・個人名は、ACCに関連する様々なイベントや媒体に使用します。
  • 応募者へは、当コンペティションに関する各種イベントのご案内をすることがございます。

4.その他

  • 転居等により入賞者の連絡先が不明の場合は、入賞を取り消すことがあります。
  • 株式会社CBCラジオへの直接のお問い合わせはご遠慮ください。
  • 当コンペティションは、事前の予告なくスケジュール・内容の変更を行う場合があります。
  • 作品応募をもって上記規約に同意したものとします。

主催

一般社団法人ACC

協賛

一般社団法人ACC