学生CMコンクール

TOP > 学生CMコンクール > 2013(第26回)入賞者発表

第26回ACC学生CMコンクール

一般社団法人 全日本シーエム放送連盟(ACC)は、CMの質的向上と人材の育成を目的に、 1988年より毎年、全国の学生を対象にACC学生CMコンクールを実施しています。 26回目を迎えた本年(2013年)は、7月1日~8月20日の間に作品受付を実施し、 全国から1533本(テレビCM 970本 ラジオCM 563本)の応募がありました。 これらの応募作品はACCクリエイティブ委員会(委員長:木下 一郎)で構成する審査会で、 「既存の広告作品にとらわれない、学生らしくオリジナリティ溢れるアイデア」を審査基準に厳正な審査を行い、各賞が以下の通り決定しました。

審査員の方々

審査員の方々

  • 審査風景
  • 審査風景
  • 審査風景
  • 審査風景

審査風景

第26回 ACC学生CMコンクール 入賞作品

テレビCM部門

賞名 氏名 学校名 学年 広告主 商品名 題名 秒数 内容
大賞 山路 晃平
(ヤマジ コウヘイ)
映像テクノアカデミア 2年 ライオン(株) ストッパ下痢止め 進化 15 詳細
金賞 阿部 健一
(アベ ケンイチ)
映像テクノアカデミア 1年 パナソニック(株) ウェアラブルカメラ「HX-A100」 単身赴任 30 詳細
銀賞 鈴木 遼平
(スズキ リョウヘイ)
学校法人・専門学校 HAL東京 3年 (株)資生堂 エージープラス パウダースプレー どこでも花の香り 15 詳細
銅賞 鬼澤 直雅
(オニザワ ナオマサ)
映像テクノアカデミア 1年 パナソニック(株) ウェアラブルカメラ「HX-A100」 下に昇る太陽 15 詳細
奨励賞 片山 太暉
(カタヤマ タイキ)
大阪情報コンピュータ専門学校 1年 サントリーホールディングス(株) サントリー企業広告 ミカンの夢 30 詳細

ラジオCM部門

賞名 氏名 学校名 学年 広告主 商品名 題名 秒数 内容
大賞 宍戸 慎太郎
(シシド シンタロウ)
法政大学 2年 ライオン(株) ストッパ下痢止め 安心できる幸せ 20 詳細
金賞 赤塚 万莉
(アカツカ マリ)
名古屋外国語大学 4年 味の素(株) 鍋キューブ® 一人鍋でも大丈夫 20 詳細
銀賞 小出 真也
(コイデ マヤ)
名古屋外国語大学 3年 味の素(株) 鍋キューブ® ぎゅっぽんうま! 20 詳細
銅賞 和泉 紘子
(イズミ ヒロコ)
学習院大学 3年 ライオン(株) ストッパ下痢止め 赤信号 20 詳細
奨励賞 太智花 美咲
(タチバナ ミサキ)
筑波大学 2年 ライオン(株) ストッパ下痢止め ねがいごと 60 詳細
奨励賞 初鹿 敏也
(ハツシカ トシヤ)
映像テクノアカデミア/慶應義塾大学 その他 ライオン(株) ストッパ下痢止め 選手宣誓 編 20 詳細

※敬称略

※今回はラジオCM部門は奨励賞を2つとした。

協賛広告主 <全9社、五十音順>

社名 テーマ商品
味の素(株) 鍋キューブ®
(株)NTTドコモ はなして翻訳
近畿日本ツーリスト(株) 「TABIPRE」(たびぷれ)
サントリーホールディングス(株) サントリー企業広告
(株)資生堂 エージープラス パウダースプレー
大正製薬(株)  リポビタンD
パナソニック(株) ウェアラブルカメラ「HX-A100」
(株)明治 明治 メルティーキッス
ライオン(株)  ストッパ下痢止め

2013年度 第26回 学生CMコンクール全体講評

木下審査委員長 < 全体講評 >

今年は嬉しいことに、テレビの審査では優劣つけ難い優秀な作品が多く、審査員を困らせてくれました。(笑)
それに比べラジオがやや低調だったかもしれません。
でもそんな中、審査員の共感実感を得た作品が大賞を受賞いたしました。
現場においてもラジオCMの作業がやや減少しているかもしれません。しかし面白く、強いCMは相変わらず人の心を動かします。
来年の学生の皆さんの頑張りに期待いたします。

木下審査委員長 木下審査委員長

大賞受賞理由

テレビCM部門 大賞 (木下委員長)
ライオン(株)/ストッパ下痢止め

優れた作品が多く、投票でも差がつかず審査に大変時間を要したという嬉しい悲鳴の審査会でした。
その中でストッパ下痢止めによる「沈静の変化」を「人の進化」に見立てて映像化するという、思わず膝を
打ってしまうようなアイデアとCMとしての完成度で山路さんの作品を大賞に選ばせて頂きました。

ラジオCM部門 大賞 (木下委員長)
ライオン(株)/ストッパ下痢止め

この作品に対しては、いろいろな意見が出ましたが、審査員の多くの方?の実感共感を獲得し、
短いコピーながら面白おかしく納得させてくれた宍戸さんの作品を大賞に選ばせていただきました。

本年度審査員

ACCクリエイティブ委員会

広告主、広告会社、制作会社、テレビ・ラジオの放送局の各分野から選出された28名の方々で構成される委員会。
委員長は電通・木下一郎氏が務めます。*敬称略

委員一覧
委員長 (株)電通 木下 一郎
委員
味の素(株) 島崎 紘而
(株)NTTドコモ 当野 篤
大塚製薬(株) 榎本 英雄
(株)資生堂 山本 コージ
(株)パナソニック 田村 俊樹
(株)明治 木藤 毅
ライオン(株) 片桐 理
(株)アサツーディ・ケイ 清水 健
(株)東急エージェンシー 能登 健裕
(株)博報堂 藤井 久
(株)読売広告社 笠原 章弘
(株)AOI Pro 笹貫 善雄
(株)アマナインタラクティブ 黒田 明
(株)サン・アド 宇津井 武紀
太陽企画(株) 岩井 健二
(株)テイー・ワイ・オー 大野 倫正
(株)電通クリエーティブX 星野 裕
(株)東北新社 堀井 誠一郎
(株)ライトパブリシティ 吉原 浩
日本テレビ放送網(株) 五味 俊哉
(株)TBSテレビ 石井 明夫
(株)フジテレビジョン 瑞光 玲子
(株)テレビ朝日 八幡 泰光
(株)文化放送 吉住 由木夫
(株)ニッポン放送 古屋 路加
(株)エフエム東京 林屋 創一
(株)CBCラジオ 加藤 邦彦

2013年7月現在